A4ノートと黒ボールペンの組み合わせがいちばんオススメ




スマホやタブレットが普及した現代でも普段の生活に筆記用具は欠かせません。

大学の理学部生である僕はプログラミングやレポート作成でパソコンを使う機会が多いですが、やはり毎日ノートとペンを使って授業を受けています。そこで学生の僕目線から、おすすめな筆記用具を紹介していきます。

ノートの大きさはA4

なんとなく何年もB4のノートを使い続けている人は多いのではないでしょうか?体感では僕の周りの人でA4のノートを使っている人は全ほとんどいません。それでもA4のノートをおすすめする大きな理由は以下の2点です。

  • 1ページにつき多くの情報を書けて、余白スペースも多く取れる
  • ノートに授業で配られたプリントを貼りやすい

以下でそれぞれについて考えていきましょう〜。

1ページにつき多くの情報を書けて、余白スペースも多く取れる

ノートを取ったらそれで終わりではなく、必ず後で見返しますよね。そのときに1ページごとにある程度の分量がまとまっていると、一目で視覚的に確認できる情報が広くなり、結果として理解しやすいノートにつながるのです。

また、ノートを見返したときには追加情報を書き足したくなることがありませんか?

「あ〜さっきの話はこの内容に繋がることだったのか!」

「この文は少し言葉足らずだな…」    

などなど。

ノートを見返し、補足情報を書き足していくことはとても重要で、この作業をする事で自分の知識やイメージが整理され、理解度が深まっていきます。

でもその書き込みをすることでノートの余白が狭くなり字がぎゅうぎゅう詰めになってしまったら、ノートを開いたときにまず圧迫感を覚えてしまいますよね…

内容的にも、どの書き込みが何を指しているのか分かりづらくなってしまいます。

そこでノートを取るときに重要なことの1つが余白を多くとるということなんですね。

ノートがA4の大きさであればB4に比べてだいぶ多くの情報を書き込むことができ、また余白を十分に使うことで一目で見やすいノートが作れるということなんです。

じゃあどのノートを使えばいいの?という疑問には…

Campusの「美しく書くためのドット入り概線」ノートが他のノートに比べて断然使いやすいです。概線に一定間隔でドットが入っているので縦の列も揃えて書きやすくなっています。

プリントを貼りやすい

授業で配られるプリントは大体A4です(たまにA3もありますが)。なのでA4であれば、プリントの端を1cmくらい切れば楽々ノートに貼れますね。

プリントをノートとバラバラにしておくと順番がわからなくなったりなくしてしまったりする可能性があるので、学ぶことの分野や場合にもよりますがプリントはノートに貼ってしまうのがいいと思っています。

(↓実際の僕の講義ノート。プリントが配られた時も貼りやすい大きさです)

ノートの話はここまで!次はペンについてです。

筆記用具はシャーペンは基本使わない!

シャーペンは書いてから時間が経つとかすれて文字が薄くなるんですよね… そこでメインは黒ボールペンで書いてしまうことにしてしまいましょう。

  • シャーペンより弱い筆圧で濃く書けるため疲れない
  • 書いた後時間が経っても字が薄くならない

実際僕はこれでめちゃくちゃ楽してノートをとってます。

でもここで当然こう思いませんか??

「え、ペンで書いたらミスったとき消せなくない?」

 

…………………………….。。。

はい!その通りです。笑

やはり基本ぺンでノートをとるデメリットはここかなぁと。シャーペンは消せるけどボールペンは消せない!

しかし、僕は思ってしまうんですよ…

そもそもシャーペンでも、文字を消すために消しゴムに持ち替えるの、めんどくない……?

板書を写すときも自分一人で勉強するときも、何か書いている最中は集中しています。そこで文字をミスしたとき、消しゴムに持ち替えてゴシゴシして字を消して、またシャーペンに持ち替えるという流れで動作のロスが多く集中力が切れてしまうんですね。

僕はボールペンでノートを取り始めてから、書き間違えたときは二重線を引いて消すことにしています。これに関してはミスした文字を消せないことは諦めました。笑

消しゴムに持ち替えることなく字を書き続けることで、集中を保つことができています。

消しゴムを使うのをやめれば、シャーペンからボールペンに持ち替えても大丈夫( ´∀`) メリットしか残りません。

(↓講義ノートその2&その3。後から自分でコメントを書き足すときにシャーペンを使い、本文と一目で区別できるようにしています)

 

ペンはボールペンであれば何でもいいのですが、特にサラサの0.3mmの太さの黒ペンがおすすめです!適度に細くて書き心地もバツグン。

まとめ

  • たくさん書き込めて余白を多くとれ、プリントも貼りやすい
  • 少ない筆圧で濃くかすれない字を書ける

という2点において、A4サイズノートと黒ボールペンをオススメしました。もちろん筆記用具は個人個人の好みが色濃く出るものです。あくまで参考までにですが、試してみて損はないと思います。是非是非試してみてくださいね。みこたでした!

adsense